未分類」カテゴリーアーカイブ

春よ来い♬

Hello everyone! Grace here. Hope all of you are well.
皆さま、こんにちは。お元気でお過ごしでしょうか?
長らくおサボりしておりました、グレースです。

As Rainier wrote last time, it’s really cold our place this winter. We still have frost and ice in the morning.
But one of the tree is full blooming now as annual. (Do you know what is this tree? )

前回レーニエが書いた通り、未だ私たちの家の周りはとっても寒い冬が続いております。
数日前まで霜が降り、氷が張って、朝は寒くて寒くてベッドからなかなか抜け出せない毎日。
でも、毎年この時期にデッキで咲く花が、ちゃんと春は来ているよ~、と教えてくれて心が和みます。

Tui bird is coming to suck the rare nectar everyday and he/she doesn’t escape from us even if we walk to close position.
This figure looks like he/she is playing hide & seek in the flower 🙂

ニュージーランド固有の鳥、Tuiは蜜吸い科。
この時期、こんなに花を咲かせる木々は少ないので貴重な蜜を吸いに、毎日訪れてくれています。
彼らもご馳走を目の前にして必死。私たちが多少近寄っても逃げません。
今日はかくれんぼしていたみたい。笑

Winter is still going on but hope Spring comes soon.
まだ冬は続きますが、こんな風に春を待たせてもらえることに感謝です♬

料理人Kさん来たる

3連休最後の月曜日(Queen’s Birthday)に 、オークランド在住の日本人の間では知る人ぞ知る、凄腕料理人のKさんがうちへ遊びに来てくれました。今回は食材持参で、料理をしてくれることになりました。

まずは、うちの子供たちとお菓子作りです。

作るものはなんと、「博多通りもん(風の饅頭)」!!

(明月堂さんのサイトより引用)

予想外の和菓子登場に、子供たちをはじめ、我が家はビックリ、そして大興奮です!

生地はあらかじめKさんが作って持ってきてくれたので、それと栗餡(白あんの代わり)を1個ずつ同じ大きさに分けてから、

生地を伸ばして餡を包み込むと、

こんな感じになりました。一部変な形のものが混ざっておりますが、それはご愛嬌ということで(笑)。

そして、オーブンで20分ほど焼いたら出来上がりです。

焼き上がりの色が少し濃くなってしまいましたが、味はまさに通りもんでした!

他にもチョコレートテリーヌやパンプディング、アップルクランブル、そして抹茶白玉も作りました(写真がなくてごめんなさい)。

そして、ディナーには鳥軟骨と鴨、子羊と一緒にワインを楽しませていただきました。至福の時間です、はい。

Kさん、本当にありがとうございました。また遊びに来てくださいね!

大地との会話~Conversation with Earth~

皆さま、お久しぶりです。
Hi there,
How are you?

オークランドはすっかり春。
私たちの大好きなこの田舎家にも色とりどりの草花が咲き乱れ、動物や鳥たちも活き活きしています。
デッキの藤と、池のほとりのさくらが一度に咲くこの季節ならではの風景は、私が一番好きなものの一つ。
春を迎えたのを実感して、ほぉんとに、気持ちが軽やかになります。
Beautiful Spring is coming to Auckland.
A lot of lovely flowers are blooming in our place.
We can see the wisteria at our deck and pink cherry blossom over there. This is one of my favorite view through year.
dscf3622

昨日は久しぶりに畑仕事をしました。
ブログと同じく、畑にまともに向き合うのは何か月ぶり!?
全然手入れをしてあげるヒマが無かったので、もう草ぼうぼう。畝がどこにあるのかも分かりません!!
それにしても、今年の冬はそら豆以外、ほとんど育ちませんでした。初心者にはまだまだ難しい、オークランドで育てる冬野菜。。。
雑草はこ~んなに生えるというのに。彼らの生命力には感服せざるを得ません。
I worked at my vegetable garden yesterday after few months. It was too hard to find roses as our garden was full of weeds!!
By the way, no vegetable grew in this Winter except broad beans. It’s still so difficult to grow Winter veges in rainy Auckland for me.  Why weeds can grow so well?? I can’t believe it!

dscf3737

う~~~ん。
何から手を付けるべきか・・・。
Ummmm,,, what is the first priority???

と言ったところで、どうせやらなきゃいけないんです。一つずつ。
気合いを入れて、草刈・草抜き、冬の間に増え続けたナメクジ・カタツムリ退治(濃い塩水に漬けるだけ)。
一日かけて、やっとこれだけ出来ました!
However, I need to do anyway one by one. Charge it up!!
Cut the grass,  pulled the weeds up and got rid of the slugs and snails.
I was able to do only these areas at the end of the day.
20161014_155831

はぁっ、大変!!
でも、草を抜いただけで、野菜も何も獲れた訳ではないのだけれど、
今日という一日は、私にとって大きな収穫になりました。
Phew!! What a hard work it is!
But I got priceless thing I didn’t crop any vegetables today though.

大地と向かい合っていると、自分が見えてきます。
嘘偽りのない自分。素の自分。自分が何をしたいのか。自分がどこに居たいのか。
そして、最後には全てを受け入れ、感謝の気持ちが生まれてきます。
I can see myself clearly when I talked with earth.
My true intentions or feelings, What would I like to do, Where would I like to be…
I can accept whole things and can feel full of gratitude at last.

それだけで、充分に幸せ。
Happy enough isn’t it?

大地との会話。
私にとっては、かけがえのない時間です。
Conversation with Earth.
It’s irreplaceable and precious time for me.

2016年

みなさま、明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

早いもので、私たち一家がニュージーランドに移住してからもうすぐ4年半になります。その間いろいろな出来事がありましたが、今こうして家族全員がほぼ理想的な生活を送ることが出来ていることに、心から感謝しています。

田舎生活にもすっかり慣れて、不便さを楽しみ、自然の偉大さを日々感じながら充実した毎日を送っています。

日本で築き上げたものをすべて捨て、何もない状態で移住したときのことが、今となってはとても懐かしいです。よくまあここまで来れたなと。でも、今こうやって自分たちが幸せでいられるのは、出会った多くの方々に助けていただいたおかげなのだと思います。結局は、人生って人と人との繋がりなんですよね。

そんなわけで、これからも人様のお役に立てるようなことをやっていきたい、と改めて決意した次第です。

このブログがみなさまにとって少しでも役に立つものとなるよう、これからもがんばっていきたいと思います。とりあえず、もっと頻繁に記事のアップをしますね笑。

最後になりましたが、この一年が、みなさまにとって素敵な一年となりますように。

レーニエ

image

 

レーニエの妄想

グレースがブログに加わってから、なんだか活気が出てきましたね!
しかしながら、僕は僕のスタイルで行きますので、よろしくおねがいします~

5月から、大自然の中で暮らしていますが、自然の偉大さを改めて感じております。草、木、川、丘、そこに住む動物、昆虫、微生物など、それぞれが絶妙なバランスを取って共存しているのを実感します。自然は本当に無駄がありません。どこかでバランスが崩れると、他のどこかがバランスを取り戻します。ある意味完璧なシステムが出来上がっています。
一方、人間は神様から知恵を授かりましたが、果たしてその能力を本当に生かしきれているのか、はなはだ疑問です。知恵を生かし、自然と共存を図ろうとするよりも、どちらかというと己の欲望に流され、自然を破壊しているような気がしてなりません。

自然の偉大さを感じれば感じるほど、自分という人間が如何にちっぽけな存在であるか痛感させられます。それと同時に、今よりもっと謙虚に生きるべきだと感じる今日この頃です。

DSCF4160

僕は将来、人間の知恵が、きっと地球の全生物の共存に役に立つ時が来ると確信しています。今は、それが実現するまでの過程なのだと考えています。近いうちに、革新的な技術が発見され、食糧問題やエネルギー問題が一気に解決する日が来る、また、貨幣の存在が無くなる日も来るのではないか、とも思います。将来は、人間のエゴが徐々に失われていき、人間を含めた全ての生物が共存しながら、地球という星が成り立っていくのではないか、などと期待しております。

そんな世界、何だか素敵ではありませんか?

今日は何だか抽象的なことを書いてしまいました。僕の妄想にお付き合いいただき、ありがとうございます。それではまた。ごきげんよう。

レーニエ

Little Forest

いや~すっかりご無沙汰してしまい、すいませんでした!
このところ何かと忙しく、ついついブログの更新を怠ってしまいました。。

日本は猛暑が続いているようですが、ニュージーランドは冬の真っ只中です。
オークランドは真冬の東京ほど気温が下がらず、どんなに寒くても最低気温は4度位です。しかし、こちらの住宅は作りが甘く、隙間風が吹き込んだりするので、実際の室内体感温度は外気温並みのような気がします。

まあ、我が家は古い家なので特別なのかもしれませんが、とにかくメチャクチャ寒いです!!
サマーシーズンの到来が今から待ち遠しいですけど、せっかく冬なのですから、冬を楽しまないといけませんね。ポジティブに考えないと!!
というわけで、冬の楽しみ方もいろいろと模索していこうと思っていますので、これから記事にアップしていきますね。乞うご期待下さい!

さて、今回はレーニエの移住仲間である、KさんファミリーのB&Bを紹介いたします。

☆Little Forest B&B☆
http://littleforest.co.nz/

こちらのB&Bは、オークランドシティから車で約35分のHelensvilleという場所にあります。敷地内には手付かずの森や小川が流れ、ニュージーランドの自然を満喫できます。近隣にはKumeuというワイン産地があり、美味しいワインを 楽しむこともできます。(ワイン好きであるレーニエにはたまりません!)
また、MuriwaiビーチというRegional Parkでは、フィッシングやサーフィン、カツオドリのコロニー観察などが楽しめます。更には近くにゴルフ場もありますので、ゴルフを楽しんだ後の宿泊場所としても利用できます。

そして何と、木桶の露天風呂も近々オープンするそうですので、旅の疲れを癒すには最高ですね。日帰り入浴もOKらしく、われわれ移住者にもありがたい限りです。

このように設備充実、見所満載の宿ですが、何よりもおすすめなのが、オーナーであるKさんファミリーのホスピタリティなのではないでしょうか。
みなさんも一度お会いしてみると分かりますが、本当に素敵なファミリーです。

とにかく一度訪れてみてください!みなさんきっと気に入ると思いますよ。

 

友が奈良へ(2)

去年の年末の話です。

インドネシア人のアワンが我が家を訪れました。
アワンとは、東京に住んでいたときに入っていた多言語サークルで知り合いました。彼は日本に来て8年目。今は日本の企業で働いています。もちろん日本語ペラペラです。

彼は今、福島に住んでいます。福島から奈良、本当に遠い道のりをわざわざ来てくれたのです。感謝です!

当日の朝、家族全員で最寄り駅まで彼を迎えに行きました。

約1年ぶりの再会も束の間、奈良で最もメジャーな観光スポット、東大寺へみんなで向かいました。

レーニエも久しぶりの東大寺だったので、わくわくです

入り口付近では、早速鹿さんがお出迎えしてくれました。
DSCF7819

少し歩いてゆくと、大仏殿が現れます。(こちらは有料。入館料は、大人500円です)
DSCF7845

中に入ると、いらっしゃいました!大仏さんです!DSCF7854

大仏さんの裏手には、くぐり抜けると幸せになれるという、「柱の穴」があります。穴は小さく、子供が通るのにちょうど良いくらいのサイズです。

娘たちは、難なくクリア!
DSCF7856

アワンも負けじと通り抜けました。すごいです!
DSCF7858

ちなみに彼は32歳。体内年齢は、なんと17歳だそうです!調べたお医者さんも驚いたらしいです。

なぜこんなに健康な体なのでしょう??
これといったスポーツをしている訳でもなく、ただ普通の生活をしているだけだそうです。

まさに、インドネシアの神秘ですね。(笑)

帰り際、鹿せんべいを購入。
アワンに渡すと、鹿さんが集まる集まる。
DSCF7864
DSCF7865
アワン、相当困ってます。(笑)

 
自宅に戻ると、夕食の準備です。今夜はてんぷらです。
 
なんと、アワンが揚げてくれました。大活躍です。
DSCF7867

遊びに来てくれたのに、大変お世話になりました。

アワン、どうもありがとう! 

ふたたびアルバイト

しばらく更新出来なくてごめんなさい。

実は、先週の金曜日からアルバイトを始めました。

今回も短期の仕事で、期間は10日間くらい。
仕事の内容はというと、、、ホームセンター新店舗の立上げ要員です!
具体的には、家具のショールームをつくり上げる仕事です。よくホームセンターの2階に行くと家具売り場がありますよね?あれです、あれ!

この仕事は、結構レーニエのツボにはまってます。というのも、仕事のほとんどが家具の組み立て作業なのです。もともと設計図を見ながらモノを作ることを仕事にしていましたから、図面を見るのは大得意!

机、いす、棚、ベッド、テーブル等々、ありとあらゆる家具を組み立てます。一日中作業をしても飽きません。

楽しいことをさせてもらって、さらにお金までいただけるのですから、ありがたい限りですね。

年末年始、何かとお金がかかる時期なので、しっかり働いてガッチリ稼ごうと思います 

熱海

今週は東京にいます!

ビザ取得に必要な書類作成、友人の結婚式、長女はるかの七五三等々、やることがいっぱいです

奈良から東京に来る途中、熱海で一泊しました。
いままで熱海など気にかけたことがなかったのですが、行ってみたらこりゃ何とも良いところでした。

ビーチがある!

atami 076

ヨットハーバーがある!
atami 068
atami 069

見事な紅葉も見られる!

atami 045
atami 044

そして、、、

atami 028
atami 032

こんな朝日も見られます!

もちろん、温泉、海の幸も最高です!

日本もいいとこたくさんあるな~

日本の家電メーカーについて

 小型のノートパソコンを衝動買いしてしまった

1120 011

 台湾エイサー社の「ASPIRE ONE」というモバイルPC。価格ドットコムでなんと28,700円!Windous7 starter搭載、ディスプレイ10.1インチ、メモリ1GB、ハードディスク250GB、重さ約1Kg、バッテリー駆動時間は3時間ほどか?キーボードのサイズもちょうど良い。
 
 値段の割には使い勝手が良く、とても満足している。ワープロ表計算ソフトは、「オープンオフィス」というフリーソフトをインストールしてみた。MS Word,Excelとのファイル互換もできるようなので、これで十分だろう。いままでこういったソフトにお金を払っていたのがバカバカしくなるね。。

 今回、このパソコンを買って思ったのが、果たして日本のメーカーはこれと同じような製品を、同じ価格帯で世に出すことが出来るのだろうかということ。
 パソコンに限らず、日本の家電製品は確かにクオリティが高いし、さまざまな機能が搭載されている。しかし、世界のマーケットを相手にした場合、果たしてどれだけの人がこういった製品を購入するのだろうか?

 先月ニュージーランドを訪れた際に、現地の家電量販店に入ってみた。すると、驚くことに、サムスンの家電製品がほとんどのコーナーのメインに置かれていた。一方日本のメーカはというと、売場の隅の目立たないところに展示されていたのである。サムスン製品の特徴は、機能的にはシンプルだが、日本製品に比べて価格が安い。多くのお客さんは、日本製品のような多機能で高価なものよりも、シンプルで安いサムスンの製品に満足し購入していくのであろう。

 ニュージーランドに限らず、世界中で同じような現象が起こっているようである。それではサムスンは何が優れているのかというと、世界中の多くの人たちが欲しがるものを提供している、つまりマーケティングに秀でているということであろう。サムスンは、現地に根差した良い製品をより安く提供しているのである。

 一方、日本のメーカーはどうだろう。日本の高性能な電化製品は、かつて世界中でもてはやされた。しかし、そのことが逆に日本のメーカーに変な”こだわり”を植え付けてしまったのではないだろうか?つまり、高性能、高品質な製品を作れば必ず売れるだろう、という奢りが出てしまい、肝心なマーケティングを怠ってしまったのではないだろうか?
 これからも高品質で高価な製品を、世界の富裕者層や一部のマニアに対して売っていくという戦略であれば今のままでよいのであろうが、全世界の一般消費者にたくさんの製品を購入してもらい、世界ナンバーワンの家電企業になるのであれば、もっとマーケティング力を強化し、それぞれの国に根差した製品を提供していくべきであろう。

 今回はついつい熱くなってしまい、文章が長くなりました。最後まで読んでいただいた方、どうもありがとうございます。

 それと、パソコンを購入するにあたっていろいろなアドバイスをくれたS田君、本当にどうもありがとう!