スローライフ」カテゴリーアーカイブ

春の訪れ~Spring has come~

皆さま、こんにちは。グレースです。

前回「春よ来い♬」と書いてから早2か月。
オークランドは春真っ盛りです。
町より少し遅い春を迎えるレーニエとグレースの家も、すっかり春色に模様替え。

Hi everyone. Grace here.
From last blog, it’s already past two months.
Spring has come all around Auckland even in our cold farm.

つい先日までは、こんなに綺麗に藤の花がデッキを取り囲んでいました。
奥に見えるのは、池のほとりの河津桜のような早咲き桜です。

山に目を移すと、Kowhaiの黄色い花がネイティブブッシュの森の中で映えています。
Kowhaiはニュージーランド原産の木で、Kiwiの人たちも大好き。通りの名前や幼稚園・学校のクラス名として目にすることも多いんですよ♪

グレースは、この季節のデッキからの眺めが大好き。
天気も穏やかになって、デッキでのんびりランチしたり読書する時間は至極のひと時です。

We can see such a beautiful view from our deck on September.
This colour balance of Wisteria and cherry blossoms are really lovely. It’s my best season in here.
In our native bush, Kowhai flowers are fully blooming at the same time. Kowhai is one of the New Zealand native tree and Kiwi people love this tree. We often see this Kowhai name on the street or the class name at the preschool.
It’s just a gorgeous time for me to have a lunch or read a book at the deck in warm weather.


そして今は、、、After wisteria and early flowering cherry blossoms,

我が家自慢の八重桜が6~7分咲きくらい。
この八重桜、実はキッチンからの眺めが一番!という訳で、グレースは毎年恒例、嬉しいキッチンドリンカーの季節を迎えつつあります。笑

My farm proud of double cherry blossoms are nearly full blooming.
It’s the best place to view this beautiful cherry blossoms from my kitchen so my annual kitchen drinker* season is coming soon!

*Kitchen drinker: alcoholic housewife like as drink alcohol while cook something in the kitchen.

ニュージーランドは、同じ四季でも日本と微妙に違うようです。
日本なら藤は桜が終わった後の5月頃に咲く花ですが、ニュージーランドではほぼ同時か桜より早くに咲きだします。そして同じころ、ビワの実もオレンジに色づくのです。
何が違ってそうなるのか・・・未だ不思議な気持ちで自然がもたらす壮大な美しい景色を日々眺めています。

It’s interesting for me that the four season between New Zealand and Japan are different.
In Japan, wisteria flowers around May after the cherry blossoms flowering but in New Zealand, both flowers bloom at the same time or wisteria is bit earlier than cherry blossom. And loquat fruit is also in the same season. (In Japan, loquat fruit around June to July, beginning of Summer.) I don’t know why,,, but just feel workings of nature.

時空を超える~beyond space and time~

先日、足圧を教えていただいた広島の先生と連絡を取る機会がありました。その時、
「赤ちゃんって、お腹にいる10か月の間に、何億年もの人類の進化を体験してるんだよね~」と言われ、ハッとした私。
One day, my teacher of foot pressured therapy said ‘ All the babies experience all the progress of several hundred million years of human evolution in just ten months while they are in the mother’s womb. ‘

ほんとだ~!!そうですよね~~!!
今まで気づかなかった、気付けなかった自分が悔しいくらいの大発見!!
OMG!! That’s so true!!  It was my breakthrough.

足揉みが私の生活の一部になってから、常日頃思うのは、ヒトの体って宇宙そのものだなぁ。。。ということ。
ヒトに限らず、全ての動物や植物、虫たちも、水も土も光も、全てが宇宙の一部であるとともに、それ自体が宇宙なのだと思うのです。東洋医学の世界観そのものですね。
Ever since foot reflexology is one of my life work, I always think human body is just like a cosmos. It will not only human. All animals, plants, insects, water, soil, light… all the things are a part of cosmos and also itself.

五行

以前、NZdaisukiさんのコラムでも書かせていただきましたが、
夜の庭に出てみると、その囲われた小さな闇の世界が、宇宙そのものに見えました。その中にうごめくニョロニョロ・ヌルヌルした生き物たちが、私たち人間に思えたものです。
(その時のコラムはこちら↓  )
http://nzdaisuki.com/column/life-of-country/sun-moon-stars

There were a small cosmos in the small and dark garden when I went to our garden at night. It looks like human life when I saw wriggle slimy creatures.

そんな風に、小さな宇宙がひとかたまりになったのが少し大きな宇宙で、それがまたかたまってもう少し大きな宇宙と認識され・・・を繰り返して、ヒトの想像の及ばない無限の宇宙が拡がっているのだと思えます。だから、私たちは次元を超えた存在なのだと。
Tiny cosmos makes small cosmos, small cosmos makes more bigger cosmos… infinite cosmos will be there. So we are in existence over the dimension.  My image of human was like this.

でも、それだけではないんですね!!
今までも「赤ちゃんが人類の進化の過程をたどっている」という話は聞いたことがあったように思うのですが、今回、何故かストンと腑に落ちて。ある意味、ショックを受けました。
However, I was so shocked this time as I knew we are more bigger exist.

そんなこんなで、思わず調べちゃいました。

「赤ちゃんの進化学」(西原克成著) 日本では著名な本のようです。
According to the book ‘ The phylogeny of the baby’ (written by Katsunari Nishihara),

その概要は、
①脊椎動物の始祖である原始魚類にはじまり、陸に上がった古代魚、肺呼吸の両生類、恐竜として一時代を築いた爬虫類、そしてヒトに代表される哺乳類に至るまでの約5億年の進化を、赤ちゃんが母親のおなかの中にいる約10か月の間に経験しています。
赤ちゃんはお腹にいる10か月の間に、その5億年の人類の進化の過程全てを経験する、すなわち、一日あたり160万年もの驚異のスピードで進化しているということです。

①All the babies has experienced all the human evolution in only ten months when they are in mother’s womb. Human evolution has started from old Fishes which is an ancestor of a vertebrate, ancient fish out of water, amphibian which has pulmonary respiration, reptile like as a dinosaur and mammals.  It’s all about five hundred million years. So the babies evolve 16 hundred thousand years a day!! What a terrific speed!!

絵でイメージするとこんな感じ? Image of human evolution is like as below picture.

赤ちゃん

ってことはです。

ヒトは、空間だけでなく、時間をも超えた存在っていうことですよね!!
いやいや、ヒトだけでなく、宇宙に存在する全てのものがそうなのでしょう。
So then, human is not only the exist who pass over the dimension. human is travelling beyond space and time. No, all the exist in the cosmos are the same maybe.

全ての「存在」は、時空を超えた存在。
All the exists are in existence across space and time…

しつこいですが、
全てのモノが、時空を超え、今、こうして「ここに居る(在る)」のですよ。
すごいことではありませんか!?私たちって、すご~い!!
All of us have traveled beyond space and time, and now, we are here.
It’s miracle isn’t it!? I’m really impressed in this fact. Thank you for letting me know.

感動の嵐の渦中にある、グレースでした。
気付きを与えてくれた広島の先生と、その気づきを受け入れられるベースを作ってくれた今の環境に感謝です!

それにしても、こういう内容を英語で書くのはいつも以上に難しい。。。ほとんど通じないレベルかもしれませんが、お許しを~!!涙

(「赤ちゃんの進化学」概要は、下記から抜粋させていただきました)
http://www.rosenkranz-jp.com/Information/People_musical_instrument_music_car/The_wonder_of_a_human_body/Temp$$$5451591917.html

http://ameblo.jp/m-6458/entry-11586347079.html

冬のお茶会~Japanese tea ceremony in Winter~

今年、足揉みの初級プロ講座受講のため、ウェリントンからはるばる我が家に合宿しに来て下さったY子さん。一年のワーキングホリデー期間を終え日本に帰国される前に、再び我が家に立ち寄ってくださいました。
実はY子さん、日本で唯一の裏千家学園茶道専門学校を卒業された、正真正銘の裏千家茶道の講師でいらっしゃいます。足揉みの勉強をして下さっている時のY子さんは、私の施術をただただ痛がる、可愛い(!?)生徒さんなのですが、お茶を点てて下さる姿は雰囲気も仕草も全てがプロそのもの。生半では得られないであろう、そのオーラと一挙手一投足に心を奪われます。そんなY子さんのお点前をいただける貴重な機会をと、夏には野点の会を開催したのですが、今回は暖炉の前での冬の会を企画しました。
Y stayed our house last week before she went back to Japan. She came from Wellington and she graduated the beginner foot reflexology course at Momiji this summer. And now, she finished a working holiday finally.
She is a master of Urasenke Japanese Tea Ceremony. So we had an outside tea ceremony party in this Summer and planned again a Winter version this time.

DSCF3287

何故か我が家の庭には、お茶の世界で季節を表すのにピッタリと言われる花が揃っていまして、今回も、さざんかとこぶし、水仙の花をY子さんが素敵に活けてくださいました。四季の移り変わりを感じられるこの環境に感謝です。お菓子も、栗の茶巾絞りに、柚子デーツ餡入りの蒸し饅頭と冬仕様です。
Luckily, we have flowers which describe Winter in Japan like as camellia, magnolia and daffodil in our garden. Y made a beautiful flower arrangement! I made Japanese sweets which eat with green tea are also Winter version, mashed sweet chestnuts and steamed dumpling which inside is red bean paste with Yuzu and dates.
DSCF3288-2

今回は、Y子さんも荷物を送ってしまった後なので、作務衣姿でのお点前です。映画のエキストラ撮影でざっくり切られてしまったというザンバラ髪が可愛い。良くお似合いです♪
Y didn’t have Kimono as she already sent it back to Japan. So both of us wore Samue, Japanese traditional working clothes. She cut her hair when she appeared on Japanese movie extra and it was so cute!
DSCF3291-2

参加人数が少なかったので、私たちもお点前にトライさせていただきました!同じお抹茶を使っているハズなのに、Y子さんが点てて下さるのと甘みも香りも全然違ってビックリ!!
We also tried to make green tea by ourselves. But surprisingly, the taste of it was totally different from Y’s even though we used same green tea powder!
DSCF3295-2

お風呂上がりの我が家の子供たちもお点前に挑戦させていただきましたよ~。ラッキー♪
My kids also tried to have a tea ceremony at night with Y. Lucky you guys!
DSCF3316-2

もちろん、次の日には、足揉み復習会も。お茶の時とは勝手が違って、笑い泣きするしかない痛みに叫び声をあげるY子さん。足が逃げてる逃げてる。。。笑
Of course, we did a review of the foot reflexology skill. Y cried and screamed because she was so sore on her both feet and calves!!
由希子さん足揉み

次に揉むときには、もう少し痛みが減っていることを目標に!!毎日の足揉みを欠かさず、そして、その軽くなった足をしっかり地につけて、Y子さんらしい道を歩んでいっていただきたいなと思います。貴重なひと時、ステキな出会いを、どうもありがとうございました♪
きっとまた会いましょうね!!
Please keep doing this foot reflexology every day so then you can get more healthier body and sore is getting better next time. I wish you have a great new adventure in Japan. Thank you so much for having a lovely time with us. See you again, Yukiko!!

どぶろくと甘酒 ~Cooking with ‘Koji’ (fermented rice) ~

最近、時間が出来ると保存食やら発酵食品作りやらに励んでいます。
Grace is trying to make some natural fermented or preserved foods recently.

先日、久々に米麹づくりをしました。
でも、いつもの癖でつい節約心にスイッチが入ってしまった私。
電気代を節約しようと、お米を蒸すときに下で味噌を仕込む用の大豆を煮たら、お米のところまで水が到達してしまい、、、蒸すというより、炊いた状態になってしまいまして。ちょっと水気が多いけど、出来るかなぁとドキドキしながらの麹作りになりました。
で、何とか出来上がりましたが、やっぱり、ちょっとべたべたの米麹。。。涙
I made Koji, fermented rice (Rice malt) few days ago.
I steamed rice while boiling soy beans for making Miso at the lower pan, so then, steamed rice was wet. So the completed Koji was also bit softer than usual.

DSCF3234-2

香りも、栗というより、ちょっと日本酒チックな匂い。。。水気が多くて過発酵??
これはこれで美味しいけれど、こりゃ、早く使った方が良さそうだな。ということで、初のどぶろくと、白米やもち米を加えない米麹と水分のみの甘酒づくりに挑戦中!!
This Koji smells like Japanese rice wine, not a chestnuts smell as normal.
This results was not bad, but needs to use early because this will ferment more day by day.
So, I am trying to make Doburoku, unrefined homemade rice wine, and Amazake, sweet glycated rice drink , which made from Koji.

まだ今朝仕込んだばかりというのに、どぶろくはもうプツプツと音がして、何だか日本酒っぽい良い香り~~~。
I can hear fermenting sounds and can smell alcohol already even though I have just started making Doburoku this morning.

DSCF3240-2

甘酒も、ほんのり甘い匂いになってきてます!!
Amazake also smells sweet!!

DSCF3239-2

う~ん、部屋中で麹たちが生きてるよ~って言ってる空気が充満してきて、もう待ちきれない!匂いだけでもと、もう何回匂いを嗅いでることか!笑
Ummm, what a happy smelling! Koji is saying ‘We are living at here!!’  Koji looks like working well.

麹菌と共に生活すると、体にもとっても良いんですって。
気のせいか、なんだか優しい気持ちになってきましたよ♪♪
何とか上手に出来上がりますように。
It’s very good for our body to live with Koji mold.
Wish Koji works well and I can get good Doburoku and Amazake.

冬の訪れ

こんにちは!久しぶりのレーニエです。皆さんお元気ですか?

僕はすっかり田舎の生活が板に付いてきて、のんびりとした時間を楽しんでおります。

オークランドはここ数日急に寒くなりました。我が家にある、3ドルショップ(日本のダイソーですが、こちらでは一つの商品が3ドル50セントで売られているんです)で買った温度計で気温を測ってみると、明け方の日の出前の気温は何と0度でした!それでいて日が昇ると急激に気温が上昇し、日中は20度近くになります。よく「ニュージーランドは一日に四季がある」と言われますが、まさにその通りですね。

ついに冬が来た!といった感じです。2日ほど前から、薪ストーブに火を入れ始めました。薪の火を眺めながら夜の時間を過ごすのはとても贅沢です。至福の時ですね。渡哲也さんの気持ちがよく分かります笑。

20160605_170146

 

 

初霜がおりました~Frosty morning~

6月に入り、めっきり寒くなったオークランド。
今朝は冷えるなと思ったら。。。
It has been cold in Auckland, especially this morning.

13331156_971536946293222_1534101616647672890_n

やっぱり霜が降りていました。
見渡す限り、真っ白な霜景色。
綺麗!!でも寒いっ!!
It’s white frost!! That’s beautiful but very cold.

そんな中、グレースが精を出しているのがこちら↓
In the such a situation, I am making some special foods such as…

natto hoshiimo

納豆やら干しイモです!
Natto, fermented soy beans and dried sweet potatoes!

干しイモのさつまいもは、もちろん自家産!
Sweet potatoes were coming from my garden.

納豆は・・・今年も大豆は失敗したので、来年こそリベンジです!
Soy beans… came from shop as I couldn’t get good harvest this year.

そんなこんなの、ほんの少しの努力をするだけで、
異国の地でもこんなに日本らしい食卓を囲めるんですよ~。幸せなことです♪
We can eat such a typical Japanese dish even at foreign country if we would try.

dinner

海外に住むと、日本にいる日本人以上に日本文化や食べ物に詳しくなる。それって本当かもしれませんね!

 

ある日の夕暮れ in the twilight

ある日の夕方。
屋根の方で何だがガサゴソ歩いている音がする。
まだ明るさがあるのに、もうポッサムが来たのかと、外に出てみたら・・・
One day at dusk, I heard something funny sounds from our roof. I thought is it possum? It’s bit early time though. So went out to check it. Then…

ターキー

2羽の仲良しターキーのシルエットが見えました!
I saw the lovely silhouettes of turkeys!

可愛い!
でも、屋根の上にたくさん落とし物をすると困るので、やっぱり木の上で寝てちょうだい。。。
So cute!
But please don’t drop your dirty items on there…

素敵な訪問者たち

こんにちは。久しぶりのレーニエです。

寒さのピークは過ぎ、少しずつではありますが春の気配が感じられる今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

冬のオークランドは雨が多いことが分かっているのですが、こう毎日のように雨に降られると洗濯物が乾かなくて困ったものですね。。

それはさておき、今日はそんな中、わが家に遊びに来てくれる鳥たちの姿を紹介します。

先日、わが家の庭に、春の訪れを感じさせるかのごとく、梅のような花(何の花だかわかりません..)が咲いたのですが、その花目当てに鳥たちが集まってきます。

DSCF5798まずはメジロ。こちらではシルバーアイ(Silvereye)と呼ばれています。目の回りの輪から、「ワックス・アイ」や「ホワイト・アイ」とも呼ばれているそうです。ちなみにマオリ名ではTauhou、意味は「見知らぬ人」で、1800年代にオーストラリアから渡ってきたのだから、まあその通りといえばその通りですね。

DSCF5801

そしてこちらはトゥイ(Tui)。鳴き声はとても印象的で、どこかで聞こえたらすぐにTuiだと分かります。それと、のどもとの白いポンポンも特徴的ですね。この花の蜜を吸いに、このところ毎日やってきます。

その他にも、ここでは実にさまざまな鳥たちを見ることができます。たぶん、バードウォッチングマニアの方にはたまらない環境だと思いますよ。

 

Blessed Rain 恵みの雨

お久しぶりでございます、グレースです。

気が付いたら、クリスマスが過ぎ、お正月もすっかり通り越して、はや、夏も終わりに近づいてきました。
グレースのブログは、3日坊主にさえなりませんでしたね・・・失礼いたしました。
今日は農作業を予定していましたが、雨が降っているので、ちょっと予定変更してブログに精を出してみたいと思います。

今夏のオークランドは、昨年末までは、これが夏か~?と思うくらい、悪天候が続き、寒いくらいの毎日だったのですが、1月に入って晴天が続き、1か月以上、雨が降りませんでした。ビーチ遊びが大好きなKiwi達にとっては最高のホリデー!誰に会っても「Beautiful day!」と日焼けした最高の笑顔を見せてくれるのですが、実はこの田舎生活では、晴天続きも困りものなんです。
This summer in Auckland, it was terrible weather until the end of December but turned to
sunny day from January. There was no rain during January. So people was able to spend really happy holiday with the beautiful weather! But no rain is sometimes not good for the country life.

以前も冬場の停電の話で出てきましたが、実は、ニュージーランドのほとんどの田舎では、水道が通っておらず、雨水をタンクに貯めて生活用水として利用しています。当然ですが、雨が降らないと、どんどんタンクの水が減っていきます~。
晴天が続くと、毎日タンクを覗き込み、子供たちは、厚い雲が来ると「雨降れ~!」と祈ります。
We get the house water from rain.  No rain means No water!
I check the water tank everyday and kids pray raining…

そんな訳で、今日みたいに雨が降ってくれると、我が家のデッキはこぉんな感じになります。Our deck looks like below picture when rain comes!
DSCF5007

バケツをいっぱい並べて雨水確保!(写真にないところにも、いっぱい並んでます!)
綺麗な水は、お洗濯、ちょっと汚れた水は家庭菜園に使っています。
他にも、シャワーでお湯が出るまでの冷たい水もバケツ!野菜を洗った水、お米を研いだ水もバケツ!バケツ大活躍~♪
Bucket bucket bucket!! Bucket is our necessary stuff!
We use clean water for the laundry, not so clean water for my garden 🙂

でも、そんなに頑張っていても、1か月の晴天続きは、やっぱり5人家族にはきつくって、とうとう1月末、初めて水を購入するハメになりました~。涙
However, one month without rain was too long for 5 members of family.
Finally we bought the water at the end of January.DSCF4939

給水トラック出動!今回は、タンク半分くらいで1万リットル入れてもらいました。(1か月1万リットル使うんですね!)
真夏のオークランドでは、こういうトラックを見かけることがありますが、工事ではありません!みんな同じタイミングで注文するので、水会社も大忙し!でも、このビジネス、冬場は何をしてるんだろう???と思う今日この頃です。
We filled about a half tank of water (10,000 liter)  from this water truck!
You can see such a truck around Auckland in summer. It’s the reason why Kiwi people
economize a water.

プラムの収穫

皆様、お久しぶりです!

本当に久しぶりの投稿です。無事永住権が取れたのもつかの間、今までの間にいろいろなことがありました。。それについてはまたの機会に書いていこうと思いますが、今日は我が家の近況をご報告しますね。

我が家の庭にある果樹園では、今プラムの収穫時期を迎えております。

これが果樹園。プラムのほか、洋ナシ、りんご、モモの木もあります。

IMG_4253

このように、たくさんの実がなっていて、今が食べごろです。(もう半分以上は収穫してしまったので、あまりのこっていないかな?)

IMG_4254resize

我が家の食卓には、毎日おいしいプラムが並びます。子供たちが学校に持っていくフルーツとしても重宝しております。とにかく、家計が助かるので有難いですー

IMG_4249

ニュージーランドは夏まっさかりとはいえ、朝晩は驚くほど冷え込みます。そのため、夏でもパーカーやトレーナーなどが必需品。日本からご旅行にいらっしゃる方は、夏だからといってTシャツだけ持ってくることのないようにご注意くださいね。