大家族

先週の土曜日から、母がオークランドに来ています。

父が亡くなってから、母は東京の実家で独り暮らしの生活が始まります。近くに姉夫婦が住んでいるので、身の回りの世話は姉にお願いできるのですが、レーニエは長男なので、長男の立場としては非常に心苦しい心境です..まあしかし、海外に暮らす人にとって(特に長男の方は)、親の面倒はいずれ誰でも直面する課題なので、これをどう解決していくか考えていかなければならないですね。レーニエはまだ模索中ですが..

今回については、母は父のことで色々と大変だったので、気分転換に良いかと思い、僕がNZへ戻るときに一緒に連れてきてしまいました。約1ヶ月間の滞在予定です。

実は今、我が家には既にかみさんのご両親が同居しているので、レーニエファミリー5人+かみさんのご両親2人+母1人=トータルなんと8人(!)の大家族となっています(笑)。

決して広くはない家に8人が同居するのはどうかと思いましたが、実際にやってみると意外にみんな協力しあって、思いの他うまくいっています。丁度昭和の頃の大家族がこんな状態だったのではないでしょうか。面白いもので、これだけ人が集まると、家族の中での自分の役割を見出そうとするんですね。日本のテレビで、大家族のドキュメンタリーをやっているのを昔見たことがありますが、まさにあんな状態です。

大家族の中で生活していくことによって、子供たちは社会の中での自分の役割、つまり立ち位置のようなものを学んでいくのでしょうね。そういう意味では、子供たちには良い機会なのではないかと思っています。

年末の訪問者に始まり、我が家は大盛況(笑)。
母もニュージーランドを気に入ってくれれば、これからも一年のうちに数ヶ月滞在してもらおうかと思っています。

母は79歳。残りの人生を是非楽しんでもらいたいものです。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA