小学校のサッカー大会

地元エリアの小学校対抗サッカー大会が開かれたので、レーニエとグレースは応援に行ってきました。
会場は、子供たちの学校から車で30分程の海沿いにある大きな公園です。ここには、サッカーグラウンドが、5、6面取れるほどの芝生エリアがあります。全て天然芝ですよ!!日本では考えられな
いですよね。
今回は、参加する子どもたちの送迎ボランティアを行いました。NZでは、学校のイベントに保護者が積極的に協力します。専用バスをチャーターするのはキャンプなど大きなイベントの時だけなので、普段は今回のように保護者たちが手分けして子どもたちを車に乗せ、送迎を手伝います。
大会に参加するのは、6年生の2番目の娘。8年生(うちの学校は8年生が最上学年です)の長女は、何とコーチでの参加です!彼女は何と、サッカーの経験が全くありません。しかも選手の子たちは全員初心者。本当に大丈夫なのでしょうか?
日本ではある程度練習を積み重ねてから試合に出場しますが、こちらでは全く逆です。まず試合に出て、経験を積んで上手くなっていく、というスタイルです。高校までバリバリの体育会系だったレーニエには最初違和感がありましたが、こちらに来て約6年、もうすっかり慣れました。。
試合結果は、まあ予想通りというか、、長女のチーム、次女のチーム、共に全敗でした。。でも何故か、全員清々しい顔をしていました。話を聞くと、とても楽しかったとのこと。勝ち負けは二の次で、一番大切なことは、楽しみながら新しいことにチャレンジしていくことなんだなぁと、こどもたちから教えられたレーニエなのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA